1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

わる子のつぶやき
ごとう魔太郎オリジナルキャラクター
月別アーカイブ
更新履歴


総記事数:
ブログ内検索
来場数
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14

Category: ついったー企画

Tags: ---

Comment: 0  

お題企画vol.3「お気に入りの音楽」
9月1~6日のお題がこちら

『お気に入りの音楽』

楽団員が昔聴いていた&今聴いている音楽・アーティストについて語りました。


- - - - -
【月曜担当:tb.ゴーシュ編】
 (※バンド名などは敬称略で書いています。ご了承ください)
■邦楽ロックへの目覚め
 流行りの音楽はもちろんCDなどもほとんど聴かない少年でしたが、妹が持っていたGLAYのアルバム『pure soul』に収録されていた『FRIEDCHICKEN&BEER』という曲を聴いた時、頭を殴られたような衝撃を受けました。少年ゴーシュが邦楽ロックに目覚めた瞬間でした。
■俺の中の邦ロック2大バンド
 成長の過程において精神的にもなにかと不安定な年頃の中学~高校時代、GLAYは心の支えでした。俺の青春。もうひとつ中学~高校時代にどハマりしたのがL'Arc~en~Ciel。
 あとは軽音部でX JAPANやHideもよく演奏しました。他には布袋寅泰、19、BUMP OF CHICKEN、CUNE、Janne Da Arc、SURFACE、THE BOOMなど。かなり普通~の高校生です。洋楽はEric Clapton。王道。
■トロンボーンってカッコいい!
 高校でトロンボーンを始めてから管楽器の入った音楽を聴くようになりました。その中でも特に好きだったのは東京スカパラダイスオーケストラ。トロンボーンってこんな演奏ができるの!?カッコいい!!と純粋に憧れました。
■邦楽以外のジャンルへ
 音大は短大で2年間でしたが一応それなりにクラシックも勉強しました。オーケストラはアメリカもの、トロンボーン(独奏、四重奏)はフランスものを好んでよく聴きました。
 同じく音大の頃にビッグバンド・ジャズを知るのですが、Buddy Rich、Count Basieなど、それまで聴いた事の無いサウンドはとても刺激的でした。
 専門学校時代は毎日スキマスイッチと東京事変を聴きながら学校に通ったのを思い出します。
 この頃から邦楽以外のジャンル(ジャズ、フュージョン、ファンク、R&Bなど)も聴くようになります。Earth, Wind & Fire、Pat Metheny、The Brecker Brothers、Tower of Power、Weather Reportなど。定番。
 音楽を最も聴いたのがこの専門時代かも。寝てる時以外は楽器を吹いてるか音楽聴いてるか、みたいな生活。
■運命の出会い
 専門時代にサルサ(ラテン音楽)と出会い、熱いパーカッションのリズムやスペイン語の響きに心を奪われ、次第にこの音楽に人生を捧げようと思うようになりました。
 ラテン音楽で好きなアーティストやバンドとなると それこそ枚挙にいとまがないのですが、Salsa Swingoza(日本)やベネズエラのAdolescent's Orquesta (Los Adolescentes)などはトロンボーン好きにはたまらないバンドです。
 ちなみに最近ハマってるのはPoncho Sanchez(perc)。ラテンジャズです。
■トロンボーン
 当然トロンボーンもジャンル問わず沢山聴いてきたのですが、これも挙げていくときりがないので簡潔に。まず "流行に疎いのにミーハー"という謎の性質により、クラシック、ジャズ関係なく来日して話題になった奏者にはだいたいハマりました(単純)。
 国内外に数多くいるトロンボーン奏者の中で俺が最も尊敬し影響を受けたのがJimmy Boschさん。ラテン・グラミー賞にも輝いたN.Yサルサ界のトロンボーンキングとも言われるアーティストです。

書き終わってみると意外に…というかめちゃめちゃ邦楽が多く、ろろ劇転載用にもかなり加筆しましたが、こうして見てみるとだいぶ広く浅くなカンジが…。いやいや、いいんだよ。王道だよ!王道!
えーっと、ひとまずこんな感じでした。おわり。

ゴーシュ( @gauche_tb )



【火曜担当:perc.ロロノマチミホ(まちやん)編】

幼い頃は親からの影響で、『ミスチル』や『ドリカム』を聴いて育つ。
小学校高学年からハマったのが、L'Arc~en~Ciel。
『flower』で気になり、『Lies and Truth』でファンに。それ以前の楽曲も好き! !
L'Arcはファンクラブにも入会。中学時代はL'Arcのことしか考えていなかった(笑)
そして今も大ファン\(´▽`)/
この頃 他には、『椎名林檎』『Dragon Ash』『ゆず』をよく聴いていました。
高校時代は、邦楽・洋楽 色々なバンドを聴き漁っていました。
バンドを組んで、『SOFTBALL 』『シャカラビ』などのコピーをしていました。
この頃よく聴いていたのは『BUMP OF CHICKEN』一番好きな曲は《ハルジオン》
中学からずっと吹奏楽を続けてきたにも関わらず、全く吹奏楽オタクではなかったので(^-^; 専門学生時代は、アシッドジャズやボサノバをよく聴いていました。
『Earth,Wind&Fire』『スカパラ』にもハマっていました!
フリーで演奏活動をするようになり、色彩豊かな演奏をするパーカッショニスト 『仙道さおり』さんを尊敬し、音源を集めて熟聴していました。
中でも『archaic』 というピアノとのデゥオ。『音あそび』というギターとハーモニカとのトリオが好きです。
あと好きになったのは『東京事変』ですね。刄田さんのドラムがたまりません(>v<)
そして、最近よく聴いているのは『さかい ゆう』さんです。中でもこの《ストーリー》がお気に入り♪



クラシックや 吹奏楽は、生演奏を観て・聴くのが好きなので、コンサートに行きたくなります♪
ざっと私のお気に入りを紹介させて頂きました!
音楽はいつでも支えになってくれます(´u`*)

まちやん( @12060340 )



【水曜担当:perc.まつげ編】

最初にハマったのは『ゴスペラーズ』
2000年くらいにアカペラの「ひとり」が話題になって、当時片想いしてくれてた女子がゴスのアルバムを貸してくれたんですわ。
今思えば、中学生だった当時の自分には衝撃だった。家でCDかけるなんて習慣なかったからさー。
高校でハマったのは『X JAPAN』
友人の影響でビジュアルブームが起きました。『LUNA SEA』とか『Janne Da Arc』聴いてましたね。
友人とビジュアルバンドを組んで文化祭で大爆発。バンド名は『Legend』担当はボーカル。
20〜22歳はもう太鼓を始めていたから、ラテン音楽とかフュージョンばかり聴いてましたね。
『Orquesta De La Lus』に出会った当時は閃光が走ったというか、そこが原点になってくれましたね。
コンガを見直した瞬間でもありました…
挙げればキリが無いのだけど、最近は『森山直太朗』がお気に入り。
参加してるミュージシャンも素晴らしいです。こんな曲でお別れです!
『どこもかしこも駐車場』



まつげ( @masayan_mano )



【木曜担当:key.あややや編】

幼少期はクラシック名曲アルバムのテープとDisneyエレクトリカルパレードのテープを伸びるまで聞いていました。
それとエレクトーンプレイヤーの富岡ヤスヤさんのライブに行っていました。
派手な演奏とおしゃべりや小ネタが毎回楽しみでした。
ある日、池田町出身の父が北海道のお土産に買ってきた(全国どこでも買える)CDをきっかけにドリカムを聴きはじめました。
何年も後、先の富岡さんがサポートをしていた時はライブを見に行きました。
このことはバンドへの憧れをより大きくしてくれました。
思春期はL'Arc-en-Ciel、ミスチル、ゆず、矢井田瞳、椎名林檎、サザンなどにハマり、高校でバンドをはじめた頃はJUDY AND MARYを聴いてコピーしていました。
他のバンドがレッチリのコピーをしてるのを聴いてかっこいいと思いました。
そのうちちょっと生意気になってJPOPより洋楽の方がかっこいいんじゃないかと思い、CARPENTERS、StivieWonder、QUEEN、ABBAなどの王道アーティストを中心に洋楽を聴くようになりました。特に80年代のサウンドが好きです。
元々はかっこいい雰囲気の音楽を好んで聴いていましたが、だんだんディティールにも目を向けるようになり、大貫妙子、山下達郎、土岐麻子あたりを聴いてアレンジの面白さを感じました。
そしてROROに出会った影響で聴きはじめたのが松任谷由実でした。
松任谷由実から派生して最近聴いているのは松田聖子です。瞳はダイアモンドという曲が好きです。
10月にアイドルなりきりイベントに出るので勉強中です。
以上、key.あややや( @ayayaya_roro )のお気に入りでした(o^^o)



【金曜担当:b.トムナガ破魔雄編】


■その1
ベーシスト視点日本人のみでお気に入り!を書いていきます。
「フィッシュマンズ」
柏原譲さん。とにかく図太い低音と、音のオフの仕方が最高です。
この人が載っているベースマガジンは絶対に買ってしまいます。




■その2
「ゆらゆら帝国」
亀川千代さん。たいへん特徴的なルックスです。
この人が載っているベースマガジンのインタビュー記事は、
インタビュアーの空回り感が面白いです。




■その3
「54-71」
川口賢太郎さん。ことLeader。
居合い切り感が好きです。
↓の映像では前を向いてますが、最初の頃はライブ中は、
ずっと後ろの壁にむかってプレイしていたはず、なぜか。




■その4
『ZAZEN BOYS』
イチローこと、吉田一郎さん。
バンドに加入する時の、向井さんとのハジキ、ラーメン、エピソード好きです。




■その5(ラスト)
「細野晴臣」
最後は、この人!
ベーシストというか、音楽家ですね。
ユーミンや山下達郎のアルバムでのプレイがお気に入りです。
ありがとうございました!



Ba.トムナガ破魔雄( @ROROHAMAO )



【土曜担当:vo&agu.ごとう魔太郎編】

■その1
スピッツ
小学生の時からずっと好きでゴリゴリのリスペクトしてます。
語り出したら切りが無いのでとにかくスピッツ。
特にお気に入りは…選べない。
https://www.youtube.com/user/spitzclips

■その2
サニーデイ・サービス
中学時代、ほとんどの日々をこのバンドと過ごしました。
自分も曲を作ってみたいな…と思ったきっかけをくれたバンドです

特にお気に入りのアルバムは「東京」「サニーデイ・サービス」
https://www.youtube.com/user/savemyvideo

■その3
ハンバートハンバート
癖のある歌声が2つ。
中毒になります。
特にお気に入りのアルバムは「道はつづく」

「長いこと待っていたんだ」




■その4
ううじん
朝昼晩すべてに合う、心地よい音楽。

落ち着きたい時間がある人はどうぞ。
http://www.uujin.com/discographyworks.html

■ラスト!
宮川弾
ずいぶん前にメンバーのゴーシュからCDをプレゼントしてもらい知りました。
ドラムなしのROROなのでサウンドのお手本にさせて頂いております。
息詰まったら大体聴いてます。完
https://itunes.apple.com/jp/album/amemachi-feat.-zhi-zhi-zheng/id201809516?i=201809587

ごとう魔太郎( @mataro510 )


Twitter

- - - - -

10代の頃は皆邦楽を中心に近い感じの音楽を聴いていますが、時と共に好みは変わっていきます。

やがて、それぞれに自分のお気に入りの音楽を持った若者たちは“ごとう魔太郎の創った音楽”という共通のお気に入りを見つけ、ROROとして現在に至るわけです。

そういう意味では、僕らの一番のお気に入りの音楽はROROなのかもね、とゴーシュがドヤ顔で言ってました。。。


次回vol.4は『練習法~ウォームアップ編』です!

楽団員が普段やっている練習方法を大公開。
今回は演奏前のウォーミングアップについて語ります。
それではまた来週!

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。